美白エステの効果ランキング@体験コースのみの効果はどんなもの?

美白エステの効果ランキング@体験コースのみの効果はどんなもの?

美白エステの効果ランキング@体験コースのみの効果はどんなもの?

色黒でも美白は可能なの?

 

「私は色黒だから、美白してもあんまり意味がないんじゃないかなぁ」と思っている方はいらっしゃいますか。生まれつき色の黒い人の場合、美白ケアは意味がないのでしょうか?確かに美白ケアは肌を漂白するわけではありませんので、持って生まれた肌の色よりも白くすることは通常できません。しかし日常生活の中で紫外線の影響を受けていることが多いので、鏡などで見ている姿が本当の自分の肌色かどうかはわかりません。

 

比較的紫外線を受けにくい、お腹の肌の色見てみてください。故意に焼いていないなら、その色が本来の肌色に近い色だといえます。その色までであれば、ケアによって肌の色を白くすることが可能なのです。

 

それではなぜ黒くなってしまったのでしょうか。それはやはり紫外線を受けたことによるメラニンの増加です。冬であったり、雨の日や曇りの日であっても、紫外線は絶えず降り注いでおり、私たちの肌は黒くなってしまうのです。それで紫外線の対策や、美肌美白成分の配合された化粧品を使ったケアをすることで、本来の肌の白さに戻すことができます。どうせだめだとあきらめてしまうのは、もったいないのです。

 

ターンオーバーと呼ばれる周期で肌は常に生まれ変わっています。地道な努力になりますが、毎日のケアを行なって正常な状態に保っていくなら、確かに時間はかかりますが肌を本来の色に戻すことができますよ。私は色黒だからと決めつけてしまわずに、キレイで白い肌を目指して頑張っていきましょう。

 

美白に効果的な漢方成分

 

お肌の美白に漢方薬が効くということをご存知ですか。漢方薬といえば風邪や慢性疾患に効くものというイメージがありますよね。漢方薬は対症療法とは違い、根本からトラブルをなくし、自然治癒させるという考え方です。漢方で最も大切な考え方とされているのは、体を温め、体の水の流れを良くして老廃物を出し、足りないところに補い、全体のバランスを整えるというものです。

 

体のあらゆる臓器のレベルから改善していくというのが漢方の考え方です。これは一般的な美白の考え方と一致しています。美白も、細胞内の余分なメラニンを排出し、血行良くして代謝酵素を補い、新しい肌を生まれ変わるのを助けることで実現するというものだからです。今回は美白に効果とされている漢方の成分についてご紹介したいと思います。

 

イチョウ葉エキス
血行を促進してくれる成分が豊富です。メラニンの生成を抑え、抗酸化力が高いということが証明されています。

 

ナツメ
胃腸の働きを活性化し、デトックスの効果を高めます。体内の有害物質の排出に役立ちます。

 

ハトムギ
体内の水の流れをコントロールし、正常化させる成分です。これにより細胞同士の老廃物の排出が盛んになりますので、メラニンの排出も同様に向上します。

 

カンゾウ
色素沈着やシミを薄くすることに効果があると知られています。高い保湿性もあり、肌の保護にも役立ちます。全身の疾患に効果があり、万能薬として様々な製品に含有されている成分です。

 

美白化粧品を選ぶ4つのポイント!

 

テレビで盛んに宣伝されている美白効果のある美容液ですが、ものすごく数がたくさんありますから、どれを選んだらよいか迷ってしまいますよね。そんなあなたに美白美容液を選ぶためのポイントを教えちゃいます。ポイントは4つあるんですよ。

 

まず初めに特許取得成分が含まれているかというポイントです。美白有効成分として、各メーカーが開発したものが特許取得成分になるわけですね。特許が有効な期間は他社はそれを使うことができません。例を挙げると、ビタミンC誘導体、4MSK、ハイドロキノンといった感じです。日々開発が続けられていますので、毎年ドンドン新たな新成分が出てきています。やはり最新の特許取得成分の入った美容液を選びたいですよね。

 

2つ目のポイントは医薬部外品という表示があるかどうかです。医薬部外品とは、「医薬品と化粧品の中間で、人体に対する作用の緩やかなもの」なんだそうです。つまり医薬品程の強い効果はないけれど、化粧品よりは効果があるということになります。それで法律をクリアしたある程度の効果が保証されていることになりますね。

 

続いて3つ目は成分表の前の方に美白成分が記載されているかということです。たいていの場合、たくさん入っているものほど、前の方に書かれているからなんですね。最後の4つ目は浸透力がポイントです。肌に入ってこその美白成分ですから、テスターがあるならば実際に手につけてみて浸透力を確認しましょう。しっとりとした感触があればOKです。

 

今回は美白美容液を選ぶ4つのポイントをお送りしました。ぜひこの情報を参考に賢い買い物をしてくださいね。

 

美白成分コウジ酸の紹介

 

今回は日本発の美白成分であるコウジ酸についてご紹介したいと思います。1,900年代前半に、農芸化学者である薮田貞次郎さんがコウジ酸を発見しました。その後も日本酒作りなどで、麹を扱う方々の手がなめらかで白いことから、美白に関する研究が進められてきました。このような経緯で1988年に厚生労働省から美白成分として認可されたのが、コウジ酸です。現在では日本だけでなく海外からも注目される成分となっています。

 

コウジ酸には、メラニンの生成を抑制するという働きがあります。またメラニン生成を促進してしまう、情報伝達物質の産生も抑制します加えて肌の老化の原因となる活性酸素や炎症の発生も抑制してくれます。

 

最近話題となっている糖化による肌のくすみですが、これは体内でタンパク質と糖が結合することによって起こる変質とされています。これは通常起こる自然なことではありますが、この時に発生するエイジスという褐色の物質が加齢により蓄積し、肌が黄色くなってしまうのです。コウジ酸には抗糖化作用があり、顔のくすみの元であるエイジスの発生を抑えることができると研究でわかってきています。

 

なおコウジ酸は皮膚科でも活用されています。皮膚科では美容成分のハイドロキノンを使うのが主流となっていますが、ハイドロキノンは肌に対する刺激が強いため、それらの成分を使えない方にコウジ酸入りのクリームを処方するなど、肌の治療のためによく使われています

 

美白成分ビタミンC誘導体について

 

美白成分として化粧品などに含有される成分に、ビタミンC誘導体というものがあります。今回はこのビタミンC誘導体についての効果や特徴をご紹介したいと思います。

 

ビタミンCは水溶性で安定性が低く、肌に吸収されにくいという弱点があります。これを安定化させ、角質層に浸透しやすい形に変えたものが、ビタミンC誘導体と呼ばれるものです。3つのビタミンC誘導体があり、水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体、新型ビタミンC誘導体となっています。それぞれをご説明しましょう。

 

水溶性ビタミンC誘導体
リン酸とナトリウムを結合させることによって、皮膚への吸収率を高めるように生成されたものです。通常のビタミンCよりも、より肌の奥まで浸透させることができます。

 

脂溶性ビタミンC誘導体
皮脂や細胞間脂質との相性が良く、脂溶性のビタミンC誘導体で、美白クリームやジェルによく配合されています。高濃度のビタミンC誘導体でも、肌への刺激が少なく安定性が高いという利点があります。

 

新型ビタミンC誘導体
これは前述の2つの特徴を掛け合わせたような性質を持っています。リ ン酸型ビタミンC誘導体に、パルチミン酸を合成し、親油性を持たせたものになりますので、水にも油にも馴染むという利点があります。アプレシエと呼ばれて います。角質層だけではなく、真皮にまで浸透することができるので、浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の100倍ともいわれる高い浸透率を誇ります。

 

首の美白ケア

 

美白において忘れてはならないのは首のケアです。首が日焼けした状態になっていると、美白している顔と色の差が出てしまい、化粧厚塗りしているように見えてしまうからです。比較的見落としがちな首の美白ケアについて今回はご紹介しましょう。

 

首は前と後ろでケアの方法が変わってきます。どのように違うかというと、首の前がは顔と同じケアを、そして首の後ろ側はカラダと同じケアが適しているのです。前の方が鏡で見ることができ、紫外線を受ける量も少ないため、比較的ケアしやすいものです。しかし後ろのほうは普段直接見にくい場所にありますし、紫外線を受けやすく、知らない間に首の後ろ側が日焼けしているということも少なくありません。

 

首は顔の延長線上にありますので、顔と合わせてケアをしたいものです。首部分にあるリンパが正しく流れていないと首のシワの原因になってしまうため、しっかりとマッサージも兼ねて、美白化粧品を塗ることをお勧めします。

 

次に首の後ろ側ですが、自分では直接見ることのできない場所のため、色素沈着や気づかなかったようなシミができているかもしれません。また首の後ろ側は十分に洗えていないことも多いのです。それで首のシワ部分に黒く溜まってしまう色素沈着は要注意です。美容院に行った時にチェックしてもらったり、合わせ鏡を使って自分で確認したり、最近であれば自撮り棒を使ってスマホで写真を撮ってチェックしたりということができます。

 

首の後は紫外線を受けて乾燥しやすく なる場所なので、何のケアもしないと、ぞうさんのようなガサガサとした肌になってしまいます。顔用のケア用品では効果が弱いため、ボディー用の美白ケア用品を使って美白を行なってください。

 

プロにおまかせ 美白エステランキング@効果実感できる体験コースは?

 

ブラジリアンワックス脱毛の特徴

 

ブラジリアンワックスと一口に言っても、すべて同じワックスと言うわけではありません。ブラジリアンワックスとは、北南米で主に行なわれているワックスを用いた脱毛方法のことで、特に普通のワックス脱毛とは、毛を抜いた後に肌を整える成分が含まれていたり肌に優しい成分が多く用いられているという違いがあります。そのために、デリケートゾーンなどの敏感な部分を初め、全身に利用できるというのが大きな特徴になっています。

 

市販されているものの多くは、ソフトワックスと呼ばれるもので、足や腕など体の広い部分の脱毛に向いています。ブラジリアンワックスでは自家製のワックス(ハチミツや砂糖を原料にする)から人工的なワックスまでありますが、オーガニックのソフトワックスが特に人気が高いようです。

 

アメリカのプロ仕様のワックスでは、肌状態や毛質に合わせて種類も豊富になっていて、こういったものが輸入販売などで入ってくる場合もあります。成分にはアロエやティーツリー、ラベンダーなどの薬用植物や、ニキビ治療に効果があるとされる亜鉛が配合されているものもあります。

 

ソフトワックスでは、ワックスそのものが固まらずにモスリンと呼ばれる布や紙を利用して脱毛するのが特徴です。肌と毛の両方に付着しますから、どうしても肌のデリケートな部分は注意が必要です。あまりに刺激が強いと、肌表面の皮が剥けたり、内出血を起こす可能性がありますから注意しましょう。できるだけ直接肌とワックスが触れるのを避けるために、ベビーパウダーやオイルを肌に付けて、その上からワックスを使用するのが賢い方法です。

 

敏感な部分にも使えます ブラジリアンワックス鼻毛脱毛ガイド

更新履歴

copyright 2016 美白エステの効果ランキング@体験コースのみの効果はどんなもの? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。